スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な家族の一員でした

私の実家には、20年前に私が連れてかえって、無理やり家族の一員にした猫がいました。

名前は「さちこ」といいます。
立派なオス猫です。

小さいときは耳と目が馬鹿でかくアンバランスな顔でしたが、大きくなるにつれてとても男前の猫になり、そして若い女の人が大好きな男の子でした。

「しっぽ、ぽんぽん」と歌うと、それにあわせて尻尾を振ったり、
習いたての私の下手くそなフルートの先に鼻を突っ込んで邪魔したり、
ピアノの上に乗って足で弾いたり、
ふすまをびりびりに破いたり、新しいものにはすぐおしっこをかけてマーキングをしたり、
でも、
外に出たいときは、遠くから私の方をじぃ~っと見つめて、私が気が付くと、目で合図をしてドアまで私を誘導する賢さや、
私が帰ってくるのを遠くから足音で察知して、玄関で待っていてくれるかわいいところがあったり・・・。

そして、3年前家を出て独立したての頃、
私がいないことに気が付いて数日後、元気が無くなってしまい、母からの連絡ですぐに実家に戻ると、私がたまに帰ってくることがわかったのか、また元気になったのものの、それからは怖がっていた父にすっかりなついて、まるで家来にように父の側に控えていました。

その愛嬌たっぷりの猫、さっちゃんが、
今夜、永眠しました。

数日前から急に弱りきってしまったと母からの連絡を受け、今日夕方会いに行きました。
すっかり細くなって、目も見えていないようでした。
耳の近くで「さっちゃん~」と呼んでみましたが、反応はありません。

なでられるのが好きだった、頭と鼻の上と顎をず~っと触って、一緒に横になりながら、
手を撫でてました。
小さな頭を私の手でやさしく包み、少しでも楽になれるように祈りました。

その約1時間後、眠るように天国へ旅立ちました。

両親は、きっと私が来て安心したのだと、言ってくれました。
私が家を出てからは両親が世話をしてくれていたので、やっぱり寂しいね、と涙声。

お仏壇の祖父母に、優しく迎えてあげてね、とお願いしながらお線香を焚いて、
帰ってきました。

20年生きた猫。
えらく大往生だったと思います。

でも、もっと一緒にいたかったよ、さっちゃん。さみしいよ。

そして今まで、私たちと一緒にいてくれて、ありがとう。
あなたはとってもいい仲間でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

男前のさっちゃん、長い間家族でいてくれたのですね。
連れ帰ってもらえたりょうこさんと、最後に一緒にいられて、
きっと さっちゃんも、安心した事でしょう。

私も最近、実家のうさぎ「ピアノ」を見送りましたが、
今頃元気な頃の身体で、天国で飛び回ってるね、と母と話しました。

うちのピーちゃんは、ネコちゃん大好きだったので、
さっちゃんの後ろを「遊んで遊んで」と付いて回っているかも。

こんなに思ってもらえる家族で、さっちゃんは幸せでしたね!

No title

寂しくなりますね・・・・ペットではなく、やはり家族ですもんね。
私も実家のワンコが亡くなった時は、友達との映画をキャンセルし
ペット葬儀屋さんを呼んでお見送りしました。

ランチ行きたい!と思いつつ、梅雨に入ってしまいましたわ・・・笑。
秋のコンサートの話もしたいし・・・また連絡します。

No title

>葉子さん、コメントありがとうございます。
読んでいたらまた泣けてきました"^_^"
最期を迎えようとしているさっちゃんの姿が早く自分の記憶から薄れて、元気だったころの姿だけを思い出せるようになったらいいな、と思っています。

新しいお友達、ピアノちゃん(なんてかわいい名前!)と出会えて、きっと天国で喜んでいると思います(*^。^*)

No title

jamさま~、ご無沙汰しています。
体の調子はいかがですか?

ペットの葬儀屋さんだったら、ワンコちゃんはどこかにお墓があるのですか?
うちは大阪市にお願いして引き取ってもらいましたが、大正区にお参りできるところがあるそうです。今度花を持っていこうと思っています。

ランチのスケジュール、落着いたらご都合聞かせてくださいね☆
(新しくできた店、あっという間に閉店に~ (^^ゞ))
秋のコンサートのお話しも楽しみにしています!
プロフィール

aleglias

Author:aleglias
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。